30歳という若さで発生した夫の加齢臭

20代前半に結婚した夫の匂いが30歳を過ぎたころからかなり気になるようになってきました。男性は年を取るとどうしても加齢臭がきつくなると分かっていたのですが、まさか30代前半からここまでひどくなるとは思わず、本当にショックでした。夫の父親もかなり加齢臭がきつく、遺伝なのかな、とも思うのですが、とにかく家中がおっさん臭くなってしまい、本当に嫌になります。

毎朝起きたらすぐに窓を開けて風を通しています。それでもまだなんとなく家に嫌な匂いがこもっているので、大好きなアロマをたくようにしています。スプレーや芳香剤などと異なりアロマはほんのり香ってくれるので匂いが少しづつ薄れていきます。またリラックス効果もあるのでとてもおすすめです。

次にとにかく夫の寝具を徹底的に匂い対策をしています。夫自身は家にいる時間は限られているのですが、どうしても夫が使っている枕や布団がにおってしまいます。そこで枕カバーは毎日洗濯し、布団は毎朝ファブリーズなどで除菌消臭しています。それでもまだ夜寝るときにほんのり加齢臭がしてくるので、寝る1時間くらい前から寝室にもアロマをたくようにしています。

枕カバーはかなり強烈なにおいがするので、洗剤で普通に洗ったくらいでは匂いはとれてくれません。そこで消臭効果もある柔軟剤を使うようにしています。柔軟剤の匂いと消臭効果でかなり枕カバーの匂いがなくなりました。

また、夫の加齢臭は仕事が大変なときに強くなっていると思います。加齢臭対策ボディーソープなんてなんの効果もありません。なので仕事が大変そうなときはあまりストレスをかけないようにもしています。

Comments are closed.